金属アレルギーが抜け毛の原因に!?アレルギーと脱毛症の関係

投稿日:

かゆみや湿疹などの症状をともなうアレルギー。

じつは抜け毛の原因になることがあるのをご存知ですか?

「心当たりがないのに突然抜け髪の毛が抜ける」

その症状はアレルギーのせいかもしれません。

今回は、「金属アレルギー」と「抜け毛」の関係性について紹介します。

 

アレルギーは「免疫」システムのエラー!

私たちの体にはウイルスや細菌などの異物が入ってきた際に体内で抗体をつくり、外敵を倒す「免疫」というしくみが備わっています。

アレルギーとは、この防御システムである「免疫」がある物質(アレルゲン)に対して過剰に反応した状態のことを指します。

例えば、食物アレルギー。

これは本来なら体に害のない食物なのに、体がそれを悪者だと勘違いして攻撃しすぎることでかゆみなどのアレルギー症状がおこるものです。

こうしたアレルギーは花粉症のようにある日突然、症状があらわれることもあります。

 

 

金属アレルギーが抜け毛につながることがある!

アレルギー症状には花粉症・アトピー性皮膚炎・ぜんそく・食物アレルギーなどさまざまなものがありますが、少し前に抜け毛との関係性がとりあげられ話題となったのが「金属アレルギー」です。

実際、歯科治療の際に詰められた「銀歯」や「クラウン(被せもの)」が、金属アレルギーの原因となり抜け毛を誘発したという実例もあります。

話題となった番組でとりあげられていた方は、小学生の時に入れたニッケル(めっき、合金などに用いる金属)が、大人になり急激な抜け毛の原因になったと診断されていました。

 

金属アレルギーで抜け毛が起きるメカニズム

金属は水分があるところでは、金属イオンになって溶けだします。

金属から溶けだした「金属イオン」と毛根のケラチンという「たんぱく質」が結合。それを抗体が外敵とみなし攻撃することで毛髪を作る組織が破壊され、髪の毛が抜けるというメカニズムです。

詰め物で使われる金属はアクセサリーのように一時的に使用するのではなく、常に口のなかに溶けだしているため、じつはアレルギーの原因になりやすいのです。

 

金属アレルギーは体内に蓄積された金属イオンが過剰になると発症するため、大人になってから突然起こることも珍しくありません。

 

 

金属アレルギーの症状一例

アレルギーの症状は、年齢や環境なのによっても左右されるため個人差があります。そのため金属“アレルギーの症状はこれ!”と断言はできませんが、多くみられる症状として挙げられるのが接触皮膚炎です。

原因の金属が触れている皮膚の部分が赤く腫れ、水疱(すいほう)の皮膚炎がおこり、強いかゆみが出るなどの症状が見られます。

歯科治療の金属が原因の場合、「金属に接触している頬や唇が腫れる」「舌に炎症が起こる」など、頬や唇に症状があらわれることもあります。

ひどいときは皮膚炎だけでなく、脱毛症や頭痛などの症状につながることもあるため要注意。疑いがある場合はすぐに医院へ相談したほうがいいでしょう。

参考:https://www.sasaki-dentaloffice.jp/

 

日本人の10に1人が発症している金属アレルギー

金属アレルギーは近年、増加傾向にあります。予備軍も含めるとその数はなんと1,000万人。日本人の約10人に1人が発症しているといわれています。

 

 

金属アレルギーは治るの?

自然に治ることはありませんが、「原因の金属に接触しないようにする」「口の中の金属を取り除く」ようにすると改善します。

体内に蓄積された金属は徐々に抜けていくため、すぐに改善されるものではありません。個人差はありますが、症状が治まで数ヵ月以上はかかるといわれているので、地道に対策しましょう。

 

 

アレルギーが起きやすい金属の使用を避けよう

対処策として有効なのはアレルギーが起きやすい金属の使用を避けることです。

金銀パラジウム、銀合金など保険で使われている金属は、水分・湿度のあるところでさびて唾液に溶けだしてしまう性質があります。

4~5年くらいたつと金属がさびて溶け出す金属イオンの量も多くなるため、こまめなメンテンナスが必要です。チタンや金などチタンさびにくく金属アレルギーになりにくい金属に変更を検討してもいいかもしれません。

アレルギーを起こしやすい金属はアクセサリーなど、私たちが日常的に使っているものにもあります。アレルギーを起こしやすい金属と起こしにくい金属を紹介するので、よろしければ参考にしてみてください。

 

「アレルギーを起こしやすい金属」

コバルト・ニッケル・クロム・パラジウム・インジウム・イリジウム・アマルガム・スズ・水銀など

 

「アレルギーを起こしにくい金属」

プラチナ・金・鉄・亜鉛・マンガン

 

食品からの摂取もなるべく控えよう

あまり知られていませんが、じつはチョコレートなどの菓子類や豆類などの食品にはニッケルなどの金属が多く含まれています。

虫歯の治療で金属の詰め物を使用している方、抜け毛など金属アレルギーの症状がすでにあり対策したい方は、食生活を改善してみるのもおすすめです。

 

 

まとめ

口の中に金属が入っていて、かゆみや急な抜け毛などの症状がある人は歯科金属アレルギーの可能性があります。

放置してしまうと全身へも症状が広がってしまうため早急な対処が必要です。

歯科医院ではアレルギーとなる金属を特定するパッチテストを受けることもできるので、心配な方は一度相談してみてもいいでしょう。

他にも、身近な生活習慣から抜け毛や薄毛の原因になる恐れがあるものについて、下記の記事で詳しくまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

>>生活習慣による女性の薄毛!7つの原因と対処法【総まとめ】

-女性育毛コラム

Copyright© 女性育毛のABC , 2020 All Rights Reserved.